753

七五三は、子供が無事成長したことに感謝し、今後の幸福、健康で長生きできることをお祈りする行事です。

3歳の男の子・女の子、5歳の男の子、7歳の女の子が、11月15日に、その成長の感謝と今後の幸福などを祈って、神社・氏神に参詣します。

現在では、11月15日にこだわらずに祝日や休日・吉日など都合の良い日にお祝いをすることが多くなっています。また、寒くなる時期ですので、11月にこだわらずにする地方もあります。

男の子は5歳(地方によっては3歳も)、女の子は3歳と7歳で祝います。 昔は「数え」年齢でしたが、最近は「満」年齢でお祝いしても良いでしょう。

兄弟・姉妹がいる場合は、年齢にこだわらず、上の子の七五三の時期に下の子も一緒に済ませたりしてもOKです。例えば、上のお姉ちゃんが満7歳のときに、下の子が2歳でも数えで3歳として一緒にお祝いしても問題ありません。 昼間の明るいうちに神社にお参りをし、夜はおじいちゃんおばあちゃんも一緒に食事などで一緒にお祝いをするのが一般的です。

予約フォーム

ご希望のご来店日時・ご要望などをこちらのフォームにご記入ください。完全予約制ではありませんので、予約なしでもお気軽に店舗へお越しください。また、ご予約頂いた場合には優先的にご案内させて頂きますので、是非こちらの予約フォームをご活用ください。