先代が残した言葉を紡いで・・・

実店舗のある「山形県鶴岡市」は日本最北限の絹産地です。

明治時代、新政府の殖産興業政策に応じ、現在の「鶴岡市羽黒町松ケ岡地区」の開墾が行われたことに始まり、現在でも「養蚕から絹製品になるまで」の一貫した工程が出来る全国においても珍しい土地です。

近年では、鶴岡産シルクを使用した新しい取り組みや製品化も盛んになっており、ゆくゆくは当社からも「メイドイン鶴岡」のオリジナル着物を展開していけたらという想いもあります。

さて、そんな「絹のまち」鶴岡にある当店のレンタル着物は、昔から「裏地も表地も正絹・手縫い」がモットーです。

子供達の着物や、卒業式の袴など一部を除き、「大人」として大事なシーンで着る為の着物に対しては、全てその仕様で統一しています。絹は肌馴染みが良いため着崩れしづらく、また、着用時のしっとりとした柔らかい質感は、正絹以外の繊維の着物では表現出来ません。

そして、その絹の風合いを最大限に引き出す為に必要不可欠な技術が「手縫い」です。
手縫いならではの「ゆるみ」を生かし、負担に強く、且つ、仕上がりの見た目は柔らかく。

和裁士は、「どのような強さで縫えば最適か」「美しく仕立て上がるか」という事を経験により熟知しています。
手縫いはミシン仕立てに比べ、はるかにコストも時間もかかりますが、「手縫い」でなければ絹に優しい風合いを吹き込んだ着物にはならないのです。

先代はよく、「正絹以外の着物を貸衣裳として貸すのであれば、恥ずかしくてお金など貰えない」と口にしていました。
それは「本物の持つ美しさ」を知っているからこその厳しさのある言葉。

先代の「気づき」に裏打ちされた大事な言葉であると感じ、今日も私たちの譲れない「こだわり」として受け継いでいます。

予約フォーム

ご希望のご来店日時・ご要望などをこちらのフォームにご記入ください。完全予約制ではありませんので、予約なしでもお気軽に店舗へお越しください。また、ご予約頂いた場合には優先的にご案内させて頂きますので、是非こちらの予約フォームをご活用ください。